いきなりですが結論から書きます!

バンコクで働きたい場合は自分が携わりたい業種、職種の求人情報を探すところから始めますが、その際に必要なのは転職サイト(人材紹介会社ともいう)の活用です。現地企業採用をめざすかたは「JAC Recruitment」がオススメ、日系企業採用をめざすかたは「リクルートエージェント」が良いでしょう。

 

バンコク転職の夢を叶えるために具体的なお話

どの企業に転職するかで必要な求人情報が異なってきますね。まず2つの採用のされかたとともに、タイ・バンコクで働きたい目的を真剣に考えましょう。

◯現地企業採用とは? バンコクに長期滞在したい、タイ語を学びたい、タイ人と仕事がしたいといった目的があるかたは現地企業への転職がおすすめ。※ただし自由が多い反面、給料は少ない、交通費、家賃は自腹が基本です。就労ビザの取得も相応の条件をクリアしないと難しいです。≫JAC Recruitment

◯日系企業採用とは? 勿論給料は多めがイイ、保険、マンション、運転手付の車など充実&安全なバンコク勤務を目的とするような方は日系企業への転職、バンコク赴任・駐在員をめざすのがおすすめです。※ただし数年の勤務の後に他国へまた赴任、あるいは帰国することになるのが通常です。≫リクルートエージェント

どちらが良いか、これは個人の「目的」次第になります。なので目的にあわせて、人材紹介会社を選択、登録して活用しましょうということなのです!

 

人材紹介会社のメリットも書いておきましょう

いまや一般的になってきたと思いますが、転職する際に無料で活用できるサービスです。求人情報を得るのに以前は情報誌やバンコク商工会議所なども使えましたけど、今の時代はネットで使えるサービスを積極的に使って行きたいですね。

登録することでキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者と打ち合わせ(要望のヒアリングやカウンセリング、スキルの棚卸等)を行い、可能性の高い求人を提案してもらうことができます。

前出のリクルートエージェントは日系企業への転職に効果を発揮します。リクルート社が提供するサービスの1つで海外転職、グローバル転職をめざす人のためのサービスです。幅広い会社との取引があるのでまずはココに登録しておいて間違いありません。

また、JAC Recruitmentについては、これは日本にもバンコクにも支社があり転職をサポートしてくれます。現地企業の求人も取り扱っているので、併せて活用したいサービスですね。転職といえば人生でも大きな分岐点、イベントですから慎重に複数の情報を取り入れながらすすめていかれると良いでしょう!

 

バンコクで転職の可能性の高い業種とは?

基本的に就労ビザ(ワークパーミット)の取得のためには日本人がバンコクで働く必要性を説明しないといけませんから、転職者が一定のスキル、経験を持っている必要があります。大学卒業レベルというのも条件の1つですね。

今現在バンコク転職を望む日本人向けに求人が出ているのはやはり、メーカー系、商社系の営業職や事務職、IT系が多いですね。IT系は職種・職域の幅が広いので求人情報を見てみないと具体的な仕事内容は掴みにくいです。

それから日本語が関係する仕事が出ています。

近年はタイ人の日本語習得が進んでおり、今まで日本人向けだった現地企業のポジションにタイ人が就くケースも増えているので、やはり日系企業への転職が可能性が高いと見ています。

日系も、タイ地場企業も人材紹介会社に必要な求人依頼を出しているので、まずはそこに登録して情報収集することからスタートしたいですね。

バンコク以外の地域もリサーチしたい

タイといえばバンコクですが、それ以外の地域でも働ける可能性のある企業や、工場などを探すことができます。バンコク以外のことも含めてリサーチする場合はコチラのサイトも参考になるでしょう。(http://タイ求人.com